COMPANY

歩み

企業データ

1950 大川市小保において森田虎雄、婚礼家具製造に着手。
森田木工所創業(工場敷地100㎡)
1953 1953年(昭和28年)6月の大水害にて家具資材一式流失のため食器棚製造に変更し再スタート
1963

業容拡大のため、(株)森田木工所として法人設立。
資本金300万円、社員40名

量産化のため、新工場建設(鉄骨平家)

1967

高級食器棚量産本社工場完成
(敷地2,219㎡、鉄骨平家2,068㎡)

第1回大川家具仕入大会出品

資本金700万円に増資

1970

創業20周年記念式典行う。
第1次5カ年計画「20億企業づくり」発表。
資本金1,500万円に増資。
同時に社名変更、モリタインテリア工業(株)

三潴郡大木町、旧大江中学校跡取得(敷地14,593㎡)

1971

営業所1号店、岡山市に岡山営業所開設

資本金2,800万円に増資

1972

本社隣接地、鉄骨3階建の独身寮完成。
延建坪571㎡、寮生25名入寮

工場スタート、ミズマ第1工場1期鉄骨2階建一部倉庫完成(延床面積4,125㎡)、本社インテリア部移動操業(敷地14,593㎡)

1973

資本金4,000万円に増資

ミズマ第1工場第2期鉄骨2階建一部倉庫完成(延床面積4,293㎡)、流通センター完成

営業所2号店、名古屋市に名古屋営業所開設
大川税務署優良申告法人表敬状を受ける

1974 名古屋営業所建設敷地取得、敷地1.815㎡ 
1975 第2次5カ年計画「40億企業づくり」発表。
三潴郡大木町の(株)大川を買収(敷地1,753㎡、建物806㎡)ミズマ第2工場として操業。
高級インテリア飾棚製造
1976 三潴郡大木町資材置場取得(敷地5,534㎡)
営業所3号店、門真市に大阪営業所開設
1977

第20回全国優良家具展において内閣総理大臣賞受賞

ミズマ第2工場増改築、鉄骨2階建完成(延床面積3,440㎡)、壁面ユニット家具製造

1978 大川税務署優良申告法人表敬状を受ける
ミズマ第1工場隣接地取得(敷地4,404㎡)
ミズマ第2工場隣接地取得(敷地1,969㎡)
1979 ミズマ第2工場隣接地取得(敷地2,298㎡)
1980 ミズマ第2工場増改築、鉄骨2階建ショールーム一部倉庫完成(延床面積3,024㎡)
1981 営業所4号店新宿区に東京営業所開設
1982 森田虎雄、九州・山口地域経営者賞受賞
1983

SGマーク(製品安全協会)工場、全工場登録認可

営業所5号店、金沢市に金沢営業所開設
大川税務署優良申告法人表敬状を受ける

1984

高級婚礼家具光木工㈱再建のため経営資本参加

ミズマ第2工場第7部脚物家具操業

1985 関東地区総代理店(株)マックス設立。
資本金4,800万円、同時に東京営業所閉鎖
1986

ミズマ第2工場隣接地ショールーム用地取得(敷地8,722㎡)

ミズマ第2工場第6部分社独立により(株)モーブル設立。
社員29名新会社移管、資本金4,000万円。
書棚、飾棚生産販売

森田虎雄、黄綬褒章受賞

1987 三潴郡大木町ショールーム、管理本部、企画本部完成、本社機能移転(鉄骨3階建、延床面積4,439㎡、敷地8,722㎡、総投資額10億円)
西ドイツ・ムスタリング社と商標権の使用を締結
1988 ミズマ第1工場第2部静電塗装工場完成(延床面積1,397㎡)
1989

大川税務署優良申告法人表敬状を受ける

ショールーム隣接地脚物工場土地取得(敷地8,472㎡)

1990

資本金8,000万円に増資

脚物工場操業鉄骨2階建(延床面積5,299㎡、敷地8,456㎡、総投資額10億円)

1991

ショールーム隣接地社員用テニスコート用地取得(敷地2,707㎡)

ショールーム隣接用地取得(敷地3,208㎡)

1993 大木町大角の既成倉庫を購入。
「大角物流センター」開設(敷地4,985㎡、延床面積2,246㎡)
1994 大川税務署優良申告法人表敬状を受ける
1996 (株)マックス、社名変更。
モリタインテリア工業(株)東京営業所
1997 東京国産見本市にてシステムボード発表
1998 大川市小保の旧本社工場閉鎖、大木町の3工場に集約
1999

三潴郡大木町の現在地に本社移転登記。

各営業所を閉鎖、本社営業部に統合

2000 インターネットにホームページ開設
2001 コントラクト事業部立ち上げ、受注開始
2002 一部建設業許可取得(内装仕上工事業)
2004 森田虎雄会長就任、森田慎一郎社長就任
2005 創業55周年記念式典
2007 ショールーム1,2階A棟リニューアル完成
2008 建築工事業 取得
2012 インド・ムンバイで開催された家具展示会に出展。
市場の変化に対応するため、カスタムオーダー・受注生産ライン体制へ変更